講義の感想(2000/6/29) - (講義「作品研究」前期への提出レポート)

じつのところ、私は授業に出席するのが遅れたために、先生の講義が十分に理解できたとは言い難いです。しかし、仕事に対し熱意をもって成し遂げることが大切なのだという気分は伝わってきたように思い、これ自体は凡庸な表現ではあるがやはり言い得ていると感じました。これではまるで私が小学生のような感覚で受講していたように思われてしまうかもしれませんが、実際、久しぶりに子供のころのまっすぐな熱意が蘇ってくるように感じられました。

私は今メディア全体を視野に入れて、表現について考えています。しかし、プロの作家(=メディアアーティスト?)と同じように作ろうとするのではなく、あくまで学生として、作ることに向き合いたいと思っています。つまり、完成したよい作品を作ることはいうまでもなく重要なことだが、学生である私にとってはむしろそれに至るプロセスをしっかりと把握し広げていく習慣を持つことの方を重視すべきではないかと思っているのです。こう考えたとき、今の私にとって映像表現は本当に難しいもののように思えてなりません。おそらく先生のお話を最初から余すことなく聞いていれば、現在の自分と照らし合わせてプロと学生との違いについて考えることができたのではないかと思うと残念です。


(2000年7月)

« Prev item - Next item »
--------------------------

Comments

Wainlkg in the presence of giants here. Cool thinking all around!

dgLBCTFPfMf • 09 August, 2011 • 02:17:01
Superbly illuminating data here, thnkas!

ssxxZTruXZouLchc • 10 August, 2011 • 00:43:04
How do you play Barcelona in this year?

DaceartEmerce • 15 November, 2011 • 09:01:17
dreams do foretell the future. How and why , that remains to be still exlaipned. However , one thing is sure , that one has to interpret dreams correctly to benefit from the same.

Smym18mx • 17 May, 2016 • 15:45:39
I found you#&8217;re blog via Bing and I have to say. A Gigantic Thank you very much, I believed your post was very informative I’ll come back to see what extra great information I can recieve here.

eJd3qZL8 • 25 December, 2016 • 14:52:09

Leave comment

コメント投稿時のNGワードについて

Categories

Archives

Search

Links

Relateds